コミュニケーションスキルを上げると自分と周囲が幸せになれる

【自分と世界を幸せにしよう】

これは私がシニアアドバイザー資格を取得したSTR(素質適応理論)コミュニケーションの理念です。

STRとは素質適応理論の略で2500年前の中国・春秋戦国時代から伝わる帝王学を現代風にシンプルに活用しやすくしたコミュニケーションメソッドです。

 

自分が“幸せ”でなければ、周りの人を“幸せ”にすることはできませんね(^^♪

では自分の“幸せ”はどうしたら掴めるのでしょうか?

 

幸せの定義とは?

“幸せ”の定義は人によって様々ですが、人に関わる仕事を始めて15年。沢山の人に出会ってきました。

そんな中“幸せな人”に共通して言える一つは

「自分を理解している(知っている)」ということ。

自分を知ると人にも優しくなれるし、興味が湧きます。

そして人も知ることでコミュニケーションもスムーズになり、人間関係での悩みは無くなり、結果幸せになっていくのだと思います。

私も今でこそ、こんな話をしていますが、

10年前は今ほど幸せではなかったです(笑)

自分の不幸を誰かのせいにばかりして、窮屈な世界に閉じこもって、

自分らしさの欠片もない。。。というか気づいていない状態でした。

 

よくよく考えると今の自分に繋がるキッカケはキャリアカウンセリングの勉強を始めたことでした。

キャリアカウンセリングの勉強の中で、一番最初にやらされるのが自己開示でした。

 

 

 

 自分を知るコミュニケーションスキルがある

自分の過去を振り返って、それを他人に開示する作業。

これは当時の私にとって、苦痛でしかありませんでした。

離婚したてで、誰にも相談せず、全てを自分一人でなんとかしようと粋がっていた頃でしたから(笑)

他人に自分の過去の失敗や苦しかった経験、成功体験等をお話しなければなりませんでした。

今となっては、それがとても大事なステップであると自覚していますが、当時は全く気付かず、「早くテクニックを教えてくれ」「なんのために赤の他人に話す必要が?」と思っていました。が、それは全て、自分を知る作業だったのです。

人に話すことで自分自身を振り返り、改めて自分のことに気付き、次のステップに進むことができる。そしてそれを社会生活に繋げる。

これがキャリアカウンセリングです。

そのことが心底理解できるまでには、かなりの年月と経験が必要でした。

今では沢山の方にカウンセリングを通して経験に見る、ご自身の個性を引き出すお手伝いをさせていただくことができるようになりましたが、

実は自分を知る方法は他にも沢山あるということにも気が付きました。

その一つがSTR(素質適応理論)です。

 

誰しもが持つ生まれ持った素質(先天的要素)とは?

生まれ持った素質(先天的要素)と、育った環境によって変わる個性(後天的要素)。

この両面から見ることで、より自分自身を深く理解することができます。

STRは世界で一番やさしい帝王学です。知ることで自分の“幸せ”に近づけます。

そして周りも“幸せ”にすることができます。

私はそんな最強のコミュニケーションメソッドに出会えたことで、親子関係もスムーズになり、更に“幸せ”になりました。

STRの実体験については次回詳しく書きますね。

田上寛美

田上寛美スーパーウーマンプロジェクト副代表理事

投稿者の過去記事

スーパーウーマンプロジェクト副代表理事。
また、オフィスノア代表キャリアコンサルタント、就活の母として、主に女性や若者の就労支援を行うスーパーウーマン。

ピックアップ記事

  1. 【自分と世界を幸せにしよう】これは私がシニアアドバイザー資格を取得したSTR(素質適応理論)コミ…
  2. 2017/3/29

    一流の睡眠
    先日、テレビで「ゲンキの時間」という健康番組が睡眠をテーマにしていました。&nbsp…
  3. 3/8今日はミモザの日で、国際女性デーです国連が決めた国際女性デーイタリ…
PAGE TOP