砂糖摂取はただカロリーを摂りすぎて太るだけの問題ではありません。

砂糖は白い麻薬

砂糖は、白い麻薬ともよばれるほど危険が潜んでいます。
肌や髪など人の老化を進める、骨や歯や血管に蓄えられたカルシウムを
奪う、アレルギーを引き起こす、精神を不安定にするなど
体だけでなく心にも悪影響を与えます。

 

 

1日ティースプーン6杯まで

1日の砂糖の摂取量はティースプーン6杯まで
と決められています。

しかしこの量は炭酸飲料1本でもすでにアウトです。
さらに煮物や味のドレッシングなどに含まれているものと足してこの量なのでスイーツやお菓子は完全NG

お肌に透明感が出る

砂糖を断つと痩せるだけでなく、

お肌にも透明感が出る、ニキビができなくなるなどの嬉しい効果が期待できます。

さらに乾燥肌の改善にも効果があるという声まで!

目がパッチリする

砂糖を断つとむくみがなくなります。
よって顔全体がシャープになったり目がすっきりして目が大きくなったという効果が出た方もいます。

もちろん顔だけでなく身体全体に効果があるので足がすっきりして細くなったという声も♡

花粉症が軽くなる

多くの人が悩まされる花粉症。
砂糖はアレルギーを引き起こしたり、悪化させる効果があると言われています。
砂糖を断つだけで毎年つらい花粉症が緩和されます。

生理中のイライラが軽くなる

生理に引き起こすイライラなどのPMS(月経前症候群)までも軽くするのが砂糖断ちの驚くべき効果。

砂糖はもともと精神のバランスを崩す影響があるので、それが生理前のイライラに繋がってしまったり、

さらに砂糖は体を冷やすので生理に悪影響を与えます。

砂糖断ちに挑戦*

砂糖からアガベシロップにチェンジ

一般的な甘味料はGI値が高いのに対してアガベシロップは、
血糖値上昇指数が『21』でリンゴより低く、適度に緩やかに血糖値を上昇させてくれると言われています。
また、砂糖の1.3倍の甘さがあり、使用量も少なくていいので、ダイエットを考えている方や血糖値が高い方にオススメです

中村 京子

中村 京子トータルボディケアサロンHEALTYオーナー

投稿者の過去記事

国際美容食学協会認定食学士。
インドネシア政府公認バリエステGoldAbianセラピスト、インドネシア政府公認バリエステインストラクター、 推拿セラピスト。マクロビオティックやアロマテラピー、バリヒーリングなど、五感を満たす癒しに目を向け、実践するヘルティストプロデューサー。

ピックアップ記事

  1. 2017/3/29

    一流の睡眠
    先日、テレビで「ゲンキの時間」という健康番組が睡眠をテーマにしていました。&nbsp…
  2. 3/8今日はミモザの日で、国際女性デーです国連が決めた国際女性デーイタリ…
  3. 気がきくことはまわりからの信頼を得るためのポイント仕事をスムーズに進めるため…
PAGE TOP