金利は生活にどう影響するの?

イメージがわきづらいマイナス金利の影響をわかりやすく説明

2016年1月29日、日本銀行(日銀)は、同年2月16日からマイナス金利を導入すると発表しました。

これまでの日本経済においては、金利は常にプラスであることが前提であったため、経済界には衝撃が走り、株価にも影響を与えました。

しかし「マイナス金利」で何がどうなるのかと聞かれてもよくわからないという方も少なくないかもしれません。

マイナス金利が私たちの生活にはどうかかわってくるのかが気になる方もいるでしょう。

そこで、マイナス金利とはいったい何か、私たちの生活にどうかかわってくるのかをご説明します。

 

 

マイナス金利とはいったい何を意味するのか?

まず、「マイナス金利」の導入を決定した日本銀行(日銀)とはどういう機関なのでしょうか?世界各国には、国の中心的な金融機関として「中央銀行」が設けられています。中央銀行は、お金の発行や、民間銀行から預金の受け入れ・貸し出しなどを行っている公的な銀行のことで、日本では日銀がそれに当たります。法律では「物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資すること」が日本銀行の金融政策の理念として掲げられています。

 

この日銀は、時の政権による政策と密接な関係にあるため、政府機関と思われがちですが、実際にはそうではなく、政府からは独立しています。有識者会議を開いて、多数決で金融政策を決定します。それに加えて、いわば「銀行の銀行」という役割も果たしています。私たちの多くは、銀行や信用金庫などの金融機関にお金を預けていますが、これらの金融機関自身も、私たちが金融機関にお金を預けるのと同じように、日銀にお金を預けているのです。

 

では、日銀が発表した金利がマイナスになるとはどういうことでしょうか?これは、各金融機関が日銀にお金を預けていると、日銀が利子分のお金を徴収することを意味します。つまり、預けているだけでお金が目減りしていくことになるのです。

 

なお、今回のマイナス金利政策では、すでにマイナス金利政策を導入しているヨーロッパ各国と同様に、段階的な導入としています。このため、マイナス金利が適用されるのは預金の一部のみで、ある程度の預金まではプラス金利やゼロ金利が適用され、金融機関の経営に過度の影響を与えないようにしています。

 

POINT:

マイナス金利の導入は日本では史上発。

日銀は各金融機関の預金から利子を徴収するようになるため、預金が目減りするようになる。

 

マイナス金利購入の背景とは何か?

日本では、前例のないマイナス金利の導入。導入の背景にはいったい何があったのでしょうか?日銀では、日本経済が1990年代後半から長年に渡って続いてきた、物価が下落し続けるデフレーション(デフレ)状態から脱却することを目指しています。2013年1月からは、欧米各国に合わせた「2%」の物価安定の目標として、質的な金融緩和や量的な金融緩和の政策を導入してきました。これにより、物価は、1%は上昇しましたが、また2%には届いておらず、デフレから完全に脱却したとは言い切れない状態となっています。

 

各金融機関は、なおも日銀に大量のお金を預け入れており、それらのお金は市場に流通せず、眠ったままになっています。そこで、預金から利子分を徴収することによって、金融機関に日銀にある預金を引き出して、積極的な融資で市場に流通させるよう促しているのです。また、近年、原油価格の下落や、中国の景気減速が進むなどで世界経済が不透明になっており、リスクを回避するためという目的もあるようです。

 

POINT:

マイナス金利導入の背景には、さまざまな金融緩和導入にもかかわらず、目標の2%の物価上昇が達成できていないことなどがあげられる

 

私たちの銀行の預金は目減りするの?

「マイナス金利の影響で、個人の預金が減ってしまうのでは」と心配された方もいらっしゃるかもしれません。しかし、日銀の発表したマイナス金利は、あくまで日銀と金融機関の間のみで適用され、各金融機関とその顧客である一般消費者などとの間にマイナス金利は適用されていません。そのため、銀行などにある個人の預金が目減りすることはありません。ただし、預金金利はマイナスやゼロにこそなっていないものの、日銀のマイナス金利導入に合わせて減らされ、普通預金金利は0.02%から0.001%に下がりました。

 

とはいえ、金融機関にとっては、日本銀行の預金に適用されるマイナス金利を顧客にも同じように適用することができず、顧客に貸し出す時の金利も低いことから、今後経営が苦しくなる可能性がないとは言えません。また、振込手数料の値上げなど、別の手段を使って、マイナス金利で損した部分を顧客に負担してもらう可能性もあります。

 

なお、日銀では、2%の物価上昇を実現し、これが安定して持続するようになるまで、マイナス金利政策を継続させる方針を示しています。さらに、大規模な長期国債買い入れを合わせて行い、金利を下げていこうとしています。

 

POINT:

マイナス金利によって、私たちの預金は目減りしないが、収益性が悪化する金融機関は振込手数料を引き上げるなども考えられる

 

ここでご紹介した内容は、2016年9月現在のものです。詳しくは、各機関のホームページをご確認ください。

出典:日本銀行

井芹直美

井芹直美ファイナンシャルプランナー

投稿者の過去記事

Sプロジェクトマネー講座担当
『お金の知性を磨くと、強くしなやかな人生を手に入れることができる!』
気持ちよくお金を使える=自分で選べる未来のハッピーマネーライフへのお手伝いをします。

ピックアップ記事

  1. 2017/3/29

    一流の睡眠
    先日、テレビで「ゲンキの時間」という健康番組が睡眠をテーマにしていました。&nbsp…
  2. 3/8今日はミモザの日で、国際女性デーです国連が決めた国際女性デーイタリ…
  3. 気がきくことはまわりからの信頼を得るためのポイント仕事をスムーズに進めるため…
PAGE TOP