団体概要

Sプロジェクト(一般社団法人スーパーウーマンプロジェクト)について


震災によって覚醒した熊本の女性が集結して出来たプロジェクト。
それぞれが持つ知識と経験で「震災前より素敵な熊本・素敵な自分」を目指し事業を開始。

専門職チームが集まったことでプロジェクト単位でのビジネス展開を行うプロジェクトデザインを実行しています。

また、女性ひとりでも生き抜く力を身に付けるスーパーウーマン育成を行います。

【事業内容】

・セミナー事業
・商品開発及び販売・プロジェクトデザイン事業
・コミニティ事業
・シングルマザー就労支援

 

3STEPのミッション


1

mission01

今もなお、震災の影響により収入が回復していない人がたくさんいます。特に子どもを1人で育てるシングルマザーには日頃からギリギリでの生活でまかなっていた人が多く震災による収入減のダメージは深刻です。

 

mission02

【熊本の経済活性化が必要です】

もともと熊本県の賃金は全国的に見ても低く、さらに全国的にみても女性の賃金は男性よりも下回ります。「他の家庭」と同じ生活環境を子どもに与える方法は昼夜働くか、よほどのキャリアをもって優良企業に入るか起業して会社員より稼ぐしかありません。現在の環境ではそれも難しく、キャリアアップを狙うにしてもお金が必要です。

また、知識と経験を持つ専門職でも地域に限定してのビジネスでは限界があります。
せっかくの能力も賃金の低い熊本では十分な利益が受けられないという課題が残ります。

熊本の経済が活性化することで能力に見合った報酬を受け取ることが可能な流れに変えていく必要があります。

 

mission03

【スーパーウーマンの働き方革命】
働き方を改善しなくては一時しのぎはできてもまた大きな災害時に同じ目に遭ってしまいます。
1人の力では蓄える事が不可能という問題を根本的に変えていかなければいけません。
個々の専門分野の女性たちが集まったスーパーウーマンプロジェクトではプロジェクト単位でのビジネスに取り組んでいます。
それぞれが地域に限定されたビジネスだったことから被災時に仕事が中断してしまうという事態に陥った経験を元に
プロジェクト単位でのビジネス展開を行うことで販路を広げ地域に拠点を置きながらも全国で得意分野を生かし飛躍できるプロジェクトデザインを実行します。

【スーパーウーマンの育成事業】
働きながらでもキャリアアップを図れる仕組みを作り、キャリアを得る機会を持てなかった女性をスーパーウーマンに育成します。子育てや介護などで条件が厳しくなっても継続的に仕事ができるよう在宅勤務でも充分に収入が得られる雇用体制を生み出し、県内外の企業にアピールしていきます。


zu


団体概要

名称:一般社団法人スーパーウーマンプロジェクト(通称:S-プロジェクト)
セミナールーム:熊本県熊本市西区春日2-3-1牧野ビル1F「えきまえスペース」内
事務局:〒861-4137
熊本県熊本市南区野口3-18-46 グランベージェ 3F

設立:2016年7月7日(2016年4月24日に熊本地震シングルマザー就労支援プロジェクトとして発足)

代表理事:宮田 幸子(コウコクデザイン室 代表)

代表理事:田上 寛美(オフィスノア 代表)

理事・監査:瀧澤 盛夫(株式会社九州ソフタス 代表取締役)

 

発起人(順不同、敬称略、肩書きは発足当時)

宮田 幸子(コウコクデザイン室 代表)

田上 寛美(オフィスノア 代表)

山本 久美子(エステサロンkurukuru 代表)